HOME > 青梅市の皆様へ

「青梅市」での不動産の名義変更 (不動産の名義変更手続でお困りの青梅市の方へ)

  このサイトは、相続に伴う不動産の名義変更手続にお困りの方のために、東京司法書士会所属 西東京司法書士事務所(司法書士 矢野森彦)が運営する不動産の名義変更に関する専門サイト(不動産名義変更.com)です。

「不動産の名義変更」と1つにまとめられることが多いのですが、 名義変更をする理由(相続、売買、贈与、離婚等)によって、その手続は全く異なります。この異なる理由をご自分で調べて整理するのは至難の業です。よって、不動産の名義変更に関する基礎知識や土地建物(不動産)の名義変更登記手続、税金やかかる費用などについて紹介する不動産名義変更.comを作成しました。ご参考にしていただければ幸いです。

 当事務所では、不動産の名義変更に特化した司法書士が、各種名義変更手続のお手伝いをしています。お気軽にご相談ください。

青梅市の不動産名義変更無料対応地域

青梅地方は多摩川および荒川水系の豊かな水に恵まれていたため、早くから集落が発達していました。
弥生時代には稲作も行われ、水田が開かれて都内でも最大規模の集落が形成されるようになります。人々は農耕型の生活に移行しながら、奈良・平安時代を経て集落がさらに拡大。

平安時代では武蔵国が直轄する供給地として、鎌倉時代には土豪の三田氏が豊富な林産資源を背景に勢力をのばし、多摩川上流を支配するようになります。三田氏は永禄時代(1558〜1569)に北条氏照に滅ぼされるまで約300年にわたって青梅地方に独自の文化を築きあげました。北条氏が天正18年(1590)に滅びると徳川氏が関東に入国し、青梅の大半は江戸幕府の直轄地となります。 そして、青梅は「石灰」「木材」「織物」などの産業が活況を極め、明治27年には立川・青梅間に鉄道が開通し、昭和26年(1951)に青梅町・霞村・調布村が合併して「青梅市」が誕生しました。

街の基幹産業だった織物や林業は衰退する一方、現在は圏央道青梅インターの開通によってにわかに高まりつつある青梅市は、14万人(世帯6万人)の多くの方が暮らす街ですが、相続にまつわる不動産名義変更の悩みなど、多くの方が不動産の名義変更にまつわる問題をもっていると言われています。

青梅市全域無料相談の対象地域に該当します!

ご相談・お問い合わせはこちら

当事務所では、電話やEメールによる不動産名義変更にまつわるご相談を受け付けております。
また、青梅市のうち、上記エリアにお住まいの方については、不動産の名義変更に関する無料相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

青梅市情報

青梅市での不動産名義変更に役立つ施設の住所、電話番号及び地図を記載しましたので、併せてご利用ください。
青梅市役所
〒198-8701 東京都青梅市東青梅1丁目11番地の1
0428-22-1111(代表)

大きな地図で見る
東京法務局 西多摩支局
〒197-0004 福生市南田園3-61-3
042(551)0360(代表)

大きな地図で見る
立川 公証役場
〒190-0023 立川市柴崎町3-9-21 エルフレア立川ビル2階
042(524)1279

大きな地図で見る
■対応可能地域■
東京都全域
足立区 荒川区 板橋区 大田区 江戸川区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿 杉並 墨田区 世田谷 台東区 港区 中央区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 目黒区 千代田区 
昭島市 あきる野 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 狛江市 小金井市 国分寺市 小平市 立川市 多摩市 調布市 羽村市 西東京市 八王子市 東久留米市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 日野市 大島町 奥多摩町 日の出町 檜原村 瑞穂町 八丈島八丈町 青ヶ島村 小笠原村 神津島村 利島村 新島村 御蔵島村 三宅島三宅村