HOMEケース別のご案内相続に伴う名義変更 > 相続分はいくら?

相続分はいくら?

具体的な相続分は、相続人となる人により、法定されています(法定相続分)。次の表を参考にしてください。

相続人 配偶者
のみ
配偶者と子 配偶者と尊属 配偶者と兄弟姉妹 尊属
のみ
配偶者 配偶者 尊属 配偶者 兄弟姉妹
相続分 1 1/2 1/2 2/3 1/3 3/4 1/4 1

ただし、次の人がいる場合には、相続分が訂正されます。

(1)特別受益者がいる場合
被相続人の生前に生計の資本や婚姻・養子縁組のために贈与を受けた者がいる場合など、共同相続人中に、被相続人から相続分の前渡しとみられるような行為があったり、遺贈を受けた者がある場合にも、この法定相続分どおりに各人の相続分を計算したのでは不公平になるといえることもあります。そこで、民法は、これらの者を特別受益者として扱い、相続分に若干の修正が加えられます。

「特別受益者の相続分の計算」にあたっては、次の規定に従うことになります。

相続開始の時に有した財産の価額に、その贈与の額を加えた額を相続財産と考えます。
そして、加算された相続財産を法定相続分の規定によって計算し、各人の相続分の中からその遺贈または贈与の額を控除して、その残額がその者の相続分となります。
仮に遺贈または贈与の価額が、相続分の価額に等しく、またはこれを超えるときは、その者は相続財産を取得できません。

(2)寄与分が定められた場合
被相続人の生前に被相続人の事業に多大なる寄与をした相続人療養看護に努めた相続人被相続人の財産維持または増加に貢献した相続人があるときは、単に法定相続分どおりに相続分を計算したのでは、やはり共同相続人間に不公平が生じることがあります。

この場合は、前記特別受益者の例とは反対に、被相続人が相続開始のときに有した財産の価額から、共同相続人の協議(または家庭裁判所の審判)によって定められた価額(寄与分という)を差し引いた額を相続財産とします。そして、これをもとに法定相続分に従って計算した額に寄与分を加えたものをこの者の相続分とすることになります。

■対応可能地域■
東京都全域
足立区 荒川区 板橋区 大田区 江戸川区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿 杉並 墨田区 世田谷 台東区 港区 中央区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 目黒区 千代田区 
昭島市 あきる野 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 狛江市 小金井市 国分寺市 小平市 立川市 多摩市 調布市 羽村市 西東京市 八王子市 東久留米市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 日野市 大島町 西多摩郡奥多摩町 日の出町 檜原村 瑞穂町 八丈島八丈町 青ヶ島村 小笠原村 神津島村 利島村 新島村 御蔵島村 三宅島三宅村