HOMEケース別のご案内相続に伴う名義変更 > 遺産を承継する人

遺産を承継する人

亡くなった方(被相続人)の有していた遺産を承継することができる者としては、まず、民法で規定された相続人(法定相続人)が挙げられます。

ただし、亡くなった方(被相続人)が"遺言"を残している場合にはその遺言に従うことが求められますので、誰が相続人になるのかは、次の順で確認するといいでしょう。

1. 遺言があるか
2. 遺言がなければ、現在の相続人(法定相続人)は誰か
3. 現在の相続人(法定相続人)以外に財産を取得する者がいるか

なお、民法上、法定相続人として相続人となり得るのは、次の方々です。

配偶者
配偶者とは、婚姻関係にある夫婦の一方のことです。夫が亡くなったのであれば妻が、妻が亡くなったのであれば夫が配偶者です。配偶者は常に相続人です。
婚姻届が提出されていれば、別居中のような場合でも、相続権があります。なお、内縁の場合には、たとえ同居して夫婦のように生活していても、相続権はありません。

配偶者は常に相続人となります。一方、その他の者は、相続人となる順番が決まっています。配偶者とともに相続人となり得るのは、次の順番です。
 (第一順位の相続人がいれば)     配偶者+第一順位の相続人
 (第一順位の相続人がいなければ)   配偶者+第二順位の相続人
 (第一、第二順位の相続人がいなければ)配偶者+第三順位の相続人
【第一順位】

子は、成人して戸籍が別になっていたりする場合でも相続人となります。子が数人いるときは、均等の割合で相続します。長男や次男、実子、養子で相続分に差はありません。また、養子や胎児も相続人としての権利を有します。
孫や曾孫などの直系卑属
"被相続人より前に"子が死亡している場合は孫、被相続人より前に子も孫も死亡しているときは曾孫がこの者を代襲して相続します。
【第二順位】
父や母などの直系尊属
養父母や祖父母も含まれます。ただし、子が死亡し、母と祖母がいるような場合、親等の近い母のみが相続人となります。
【第三順位】
兄弟姉妹
兄弟姉妹の子は、兄弟姉妹が被相続人よりも前に死亡したときは相続人となり得ます(代襲)が、兄弟姉妹の孫は相続人となり得ません(再代襲はしません)。
■対応可能地域■
東京都全域
足立区 荒川区 板橋区 大田区 江戸川区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿 杉並 墨田区 世田谷 台東区 港区 中央区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 目黒区 千代田区 
昭島市 あきる野 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 狛江市 小金井市 国分寺市 小平市 立川市 多摩市 調布市 羽村市 西東京市 八王子市 東久留米市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 日野市 大島町 西多摩郡奥多摩町 日の出町 檜原村 瑞穂町 八丈島八丈町 青ヶ島村 小笠原村 神津島村 利島村 新島村 御蔵島村 三宅島三宅村